介護職員処遇改善推進事業のお知らせ

catch
tochimaru

介護職員処遇改善加算制度について

労働人口減少により人材不足問題は年々深刻化しています。
低い賃金のままでは介護職員の確保は益々困難になっていきます。この対策のために、
介護職員の給料アップに向けて整備された制度が、「介護職員処遇改善加算」です。

「介護職員処遇改善加算」の仕組み

処遇改善の取組みによる、支給金額の違い

①「介護職員処遇改善加算」は全5区分からなる、区分ごとに設定された要件を満たした介護事業所で働く介護職員の方の資金改善を行うための加算です。

table

*「加算Ⅰ」を取得すれば介護職員1人当たり月額3万7千円相当の加算が受け取れます。

②介護職員処遇改善加算の申請のために必要な要件「キャリアパス要件」「職場環境等要件」は以下のとおりです。
申請できる加算は、どの要件を満たしているかによって異なります。

▶キャリアパス要件:Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの3種類の要件があります

table_02

▶職場環境等要件:賃金改善以外の処遇改善(職場環境の改善など)の取組みを実施すること

  • ・働きながら資格取得を目指す職員に対する研修受講支援
  • ・より専門性の高い介護技術を習得しようとする職員に対する研修受講支援
  • ・ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化
  • ・健康診断、こころの健康等の健康管理面の強化
  • ・休憩室や分煙スペースの確保
  • ・介護サービス情報公開制度の活用による経営、人材育成理念の見える化
  • ・非正規職員から正規職員への転換

※介護職員処遇改善加算を取得するにあたっては、賃金改善等の処遇改善の内容等について雇用する全ての介護職員へ周知することが必要です。
キャリアパス要件Ⅰ、Ⅲについては、就業規則等の明確な根拠規程を整備することも必要です。

介護職員処遇改善加算の流れ4ステップ
step
  • ・キャリアアップの仕組みや
    職場環境改善。

  • ・処遇改善計画書を所管する
    都道府県や市町村へ提出。

    ・国保連に加算請求

    ※提出時期により開始時期が
    異なります。

  • ・国保連が事業者へ支払い。

  • ・支給されたお金を、
    介護職員へ給与や
    賞与等として支給し、
    実績報告。

よくある質問
  • Q1.支給された分は給与以外で処遇改善の為に使ってもいいの? ⇒支給されたお金は使い道が決まっています。基本給、手当又は賞与として、介護職員のみなさんの賃金に使用してください。
  • Q2.対象になる職員を教えてください ⇒介護の現場で働く「介護職員」の方のみが対象です。事務員、ケアマネージャー、相談員、看護師などの介護職員として従事していない方は対象外です。
  • Q3.キャリアパス要件Ⅲによる昇給の仕組みは正規職員だけでいいの? ⇒非正規職員用を含めた仕組みが必要です。派遣労働者も加算の対象とする場合は、派遣職員についても要件に合う昇給の仕組みが必要です。
  • Q4.すごく高度なキャリアパスが必要? ⇒必ずしも複雑なキャリアパスを求めているわけではありません。自組織に合わせたものを作るには専門家にご相談ください。

加算取得と
人材確保のための
専門家派遣を行います

専門家派遣時の相談・アドバイス内容

  • ・加算取得に向けて実施すべき事項
  • ・人材確保のポイント
  • ・賃金規程、キャリアパス、就業規則の整備、見直し
  • ・人事労務管理
  • ・活用可能な助成金 等

専門家とは

加算制度及び人事労務管理(キャリアパス・賃金制度・人材育成)に精通した、社会保険労務士や実務経験者

  • 支援期間

    平成30年3月29日まで

  • 対象者

    介護サービス事業所のうち、
    加算未取得及び新たに
    指定を受ける事業所

  • 専門家派遣費用

    無料です。

    ※就業規則作成、助成金申請代行は、
    有料となります。

介護職員処遇改善推進事業 専門家派遣のお申し込み

お申し込みフォーム

加算取得・人材確保のための『専門家派遣』をお申し込みの際は、
必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。

は必須事項となります。

役職 お名前 フリガナ
役職 お名前 フリガナ

相談を希望する内容

>プライバシーポリシーはこちら

FAXお申し込み方法

FAXでお申し込みの際は、申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、
FAX:0287-67-3024まで送信してください。

FAX送信先0287−67−3024

※ご送信いただいた個人情報は、当事業の確認・連絡のために使用することがあります。